伸びすぎも深爪もNG……足の爪、どこが正しい切り加減?
足の美容・健康

伸びすぎも深爪もNG……足の爪、どこが正しい切り加減?

2019/09/12 (Thu)

巻き爪、魚の目、タコといった足のトラブルには、姿勢の悪さ、歩くときの癖、間違った靴選び、間違った靴の履き方など、様々な要因が関係しています。ですから足のトラブルが起こってしまった場合、そこだけを処置するだけでは再発を免れることができず、その原因を突き止めて、徹底的に改善しなくてはなりません。

足にトラブルを抱えたときは毎日のフットケアが欠かせませんし、もちろん健康な状態のときも、正しい処置を行う必要があります。

足の爪は、月に1回切る程度でOK!

今回は、足の爪の「正しい切り方」についてお伝えします。足の爪は、ひと月に1ミリ程度伸びますので、月に1回切る程度で十分です。

足の爪の長さは、【指のお肉がかぶるくらいの長さ】が理想的な長さです。白い部分を全部切るのではなく、少しだけ残して切ります。爪先に指を当てて、皮膚と爪が両方触るくらいの長さがちょうど良い長さです。これ以上長いと巻いてくることもありますし、引っかかって爪が欠けることもあるので危険です。

間違った切り方をすると、「巻き爪」「陥入爪」の原因に。

逆に短かすぎたり、爪の両端を深く切ってしまう「バイヤス切り」などにすると、いろいろな支障が出てきます。一番なりやすいのは、両端が内側に巻いてくる「巻き爪」「陥入爪」です。極端に短くすると、指の先端が次第に盛り上がってきて、爪の成長を阻むようになり、それ以上伸びなくなります。よって短すぎる切り方は、爪が肥厚する原因ともなります。

足の爪の切り方は、「スクエアオフ」が正解!

理想は、図のように「スクエアオフ」という形になるように切ることです。まっすぐ横に切り、全体の切り口と両端角を少しヤスリでこすって角が引っかからないようにします。

手の爪切りのように刃がカーブしている爪切りですと、脇を切り込みすぎるきらいがありますので、できれば、足専用の爪切り(刃が直線のもの)を使用すると綺麗に切ることができます。爪切りがうまく使えない方は、ヤスリを使用しましょう。その際はゴシゴシこするのではなく、爪の端から中心へ一方向に優しくこすってください。 ※ 本記事は、足と爪の専門サロン「ビューティーレジィーナ(http://beautyregina.com)」代表の松尾圭佑子氏に監修いただいております。

TOP

Presented by DINUS SHOE CORPRATION

  • Aug
  • Jul
  • Jun
  • May
  • Apr
  • Mar
  • Feb
  • Jan
  • Nov
  • Oct
  • Tags