「靴の革は伸びるから、初めのうちはキツくても大丈夫」は本当?
靴コラム

「靴の革は伸びるから、初めのうちはキツくても大丈夫」は本当?

2019/02/14 (Thu)

靴売り場などで「革は伸びるから、初めのうちはキツくても大丈夫ですよ」と言われたこと、ありませんか。もはや都市伝説のようになっていますが、実際はどれくらい伸びるものなんでしょう? よくよく考えてみると「本当はぴったりの状態が望ましいけれど、初めはキツくても大丈夫」なのか、むしろ「初めはキツいくらいがちょうどいいのか」がわからず、非常に曖昧な言い方です。

そこで今回、日本のシューフィッターの第一人者である印南淳さん監修のもと、靴の素材としてよく使われている革の伸び方について、情報をまとめました。正しい知識をしっかり身につけて、より自分に合う靴を選べるようになっていきたいですね。

シューフィッター曰く、「伸びるのは幅だけで、長さは伸びません」

まず前提として、靴を履いていて伸びるのは幅だけで、長さは伸びないそうです。(もし長さが伸びたと感じる場合は、変形しているだけとお考えください)。また、かたい革より、やわらかい革のほうが伸びやすい傾向にありますが、加工の仕方やデザインによって伸び具合は変わってきます。

よって、「本当はぴったりの状態が望ましいけれど、【幅は多少】キツくても大丈夫」というのが正解です。

靴選びの1POINTアドバイス

◆ かたい革(牛、馬)

あまり伸びませんので、伸びることを前提にするのではなく、できるだけぴったりの靴を履くようにしてください。

◆ やわらかい革(羊、山羊、豚)

幅は多少伸びやすいですが、伸びることを前提にするのではなく、できるだけぴったりの靴を履くようにしてください。

◆ 合皮

そもそも本革でなく合成皮革のため、伸びません。

ちなみに、素材別・靴のメンテナンス方法はこちら(https://www.shoe-tree.net/column/maintenance/)でお伝えしていますので、合わせてご覧ください。

TOP

Presented by DINUS SHOE CORPRATION

  • Aug
  • Jul
  • Jun
  • May
  • Apr
  • Mar
  • Feb
  • Jan
  • Nov
  • Oct
  • Tags